• マイクロラーニング

JTPがマイクロラーニングをすすめる理由

入社時における新入社員研修、中堅層や管理職に向けて行われる集合研修といった大規模な集合研修プログラムが魅力的に見えます。このような従来のやり方は、大掛かりな予算と人的リソースが動くため、実施していることがわかりやすく、育成側も受講生側も終了後に「達成感」を得ることができます。

しかし人財育成のための研修には、もっと重要なことがたくさんあります。

「必要な時期に必要な人材にすばやく実施できる」「効率的にトレーニングが行える」そして何より「研修の内容が受講生に定着すること」です。

古い大規模な集合研修では実現が難しかったこのようなことを実現するのがマイクロラーニングです。

これまでの研修

フォーマルトレーニング

  • 大勢の人を
    1箇所に集める

  • 長時間の
    eラーニング

  • 幅広い分野を
    網羅

実際の学習

実際の学習は研修で行われるのではなく、常に生じているものであり、そのほとんどは、教室以外のところで生じています。


人は、自分が知る必要のあることのほとんどをインフォーマルな状況で時間をかけずに学んでいます。
たとえば、同僚とのやり取り、ちょっとした調査、積極的観察、トライ&エラーなどがその例です。
Youtubeなどからの学びも含め、こうした学習は、状況に応じて、計画外に非公式に行われます(いわゆる702010の法則)。

これからの社員教育

マイクロラーニング

マイクロラーニングは、すばやい導入、効率的なトレーニング実施、研修内容の深い定着を実現します。

マイクロラーニングのプラットフォーム U M Uとは

簡単操作、シンプル機能で個人・組織の学習パフォーマンスを向上します。

UMUの高速コンテンツ開発ツールを使えば、社内にある知識、ベストプラクティス、チームポリシーなどを簡単に集め、追跡し、アップデートすることができます。

さらに、画像・質問・オーディオ・ビデオを組み合せて新しいコンテンツをすぐに作ることができます。

マイクロラーニングのメリット

  • 学習者は忙しい

    学習者が必要に応じて情報を得ることができるようにする方法では、誰かに聞いたり、トレーニングが提供されるのを待つのではなく、自分のペースで学び、自分にとって最も重要な情報にアクセスし、自分に欠けていると思われるスキルをブラッシュアップすることができます。

  • アジャイル

    マイクロラーニングの場合、新しいトレーニングを時間をかけずに簡単に作成できるので、大規模なトレーニングプログラムを準備する場合のように、官僚的な手続きや複雑なプロセスに悩まされることがありません。

  • 低コストかつ高インパクト

    インストラクター、トレーニングのための物理的スペース、教室で過ごす時間といった、有限で費用のかかるリソースが必要なくなる一方、情報を最新に保つことがずっと簡単になります。

  • オンデマンドで使用できる

    従業員が現場にいるときでも、オフィスにいるときでも、自分が知る必要のあるトピックを時間をかけずに簡単にブラッシュアップすることができます。 インストラクターや教室が必要なくなり、いつでもどこでも学習が行われるようになります。

  • 時間をかけずに簡単に作成可能

    テクノロジーを使えば、制作プロセスを簡素化し、すばやく作成できます。また、コラボレーションメディアとしてWebを使えば、すべての人にこのプロセスを公開し、すべての人が企業の品質基準を満たすトレーニングを作成することができるようになります。

その他のサービス

  • 社内研修支援

    社内で行われるトレーニングをさらに効果的なものに

御社のマイクロトレーニングの導入及び運用を成功させます。

資料請求・見積・打合せ・提案は無料です。

社員教育・マイクロラーニングに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

また、参考としてJTPのコンテンツをご覧ください。