• 可視化・分析visualization

可視化が必要な理由

社員のスキルや特性を、正確に把握する、評価する、そのデータを活用し人事施策に活かす アセスメントによってスキルを可視化することで、これまで漠然と感じていた課題を顕在化し、研修や人事施策をより確かで、効果的なものにすることができます。

可視化・分析活用パターン

  • 育成

    現状把握や効果測定の場面で活用することにより、研修をより効果的で、業務に直結させることができます。

  • 採用・離職対策

    新卒/中途採用の場面で、必要なスキルを、自己申告ではない、客観的なスコアで測ることができます。 また、個人のスキルの他、行動特性を測ることで、離職の兆候を見抜くこともできます。

  • 配置

    後継者管理、プロジェクトアサインなど、個人のスキルや特性を人材配置に活かすことができます。

  • 評価

    アセスメントの結果を直接人事考課に活かすのみならず、面談時のフィードバックなどにも活用できます。

スキルアセスメント

スキルアセスメントは、試験結果を合否ではなく、数値化することでスキルを可視化することができるツールです。 企業の共通指標として、客観的な評価が可能で、社員個々のスキルや、企業や部門などの組織ごとの傾向を把握することができます。

オリジナルアセスメント

研修の効果を高めるために、結果の把握と分析は重要な役割を担っています。一社向け研修の計画や効果測定を行うために、企業それぞれに必要なアセスメントを制作し、実施します。

概要

  • アンケート

    研修前や後にアンケートを行うことで、研修一回の効果を高めることができます。

  • オリジナル確認テスト

    オーダーメイド研修後の効果測定で、次のフォローアップをより有意義なものにします。

  • ヒアリング

    受講者の声を聞くことで、業務に結びつけた研修の振り返りや、今後の対策を検討します。

利用パターン

  • 効果的な研修の
    計画立案

    社員の弱点や傾向を把握することで、必要な研修内容を把握し、選択することができます。

  • 研修効果の把握

    実際に研修を行ってどのような効果が表れたのか、克服できなかった弱点はないか、確認することができます。

  • フォローアップ
    計画の検討

    研修で学びきれなかったポイントを把握することで、フォローアップ計画に活用でき、研修の効果をさらに高めることができます。

JTP 人財育成ソリューション

可視化

スキルや特性、傾向を具体的な指標で把握し、顕在化

教育

目的、課題に応じた研修を通し、スキル定着を実現

タレントマネジメント

人財育成データを一元管理することで、効果を最大化