• 人財分析 個人カルテ 【 パーソナル・アジェンダ ® 】Personal Agenda

人財分析 個人カルテ 【パーソナル・アジェンダ®】とは

人財分析 個人カルテ 【パーソナル・アジェンダ®】は、個人個人がどのような行動特性や資質を持っているのかを表す「ヒューマンスキル」を可視化するアセスメントです。 顕在化しているビジネス/ヒューマンスキルや行動特性の他、潜在的な考え方や適正、資質を測ることができ、 身に着けた技術や業務上のスキルを、さらにビジネスパーソンとして活かすための強化ポイントを見ることができます。 また、その他にも、配置や採用、人事リスクの発見などの場面など、さまざまなシーンで活用ができます。

試験概要

  • アセスメント構成

    2部構成になっており、それぞれ1回ずつ受診できます。1回実施して終了した場合、再度受診はできません。

  • 出題形式

    単一回答/複数回答

  • 出題数

    合計317問 ・NET*ASK   144問(制限時間 24分) ・人間力診断 173問 (【一部】制限時間 32分【二部】制限時間 23分 計55分)

  • 試験時間

    平均所要時間: 約10+40分(制限時間 24分+55分)

  • 受診言語

    日本語

  • 受診料

    お問い合わせください

  • 受診日

    指定された「受診開始日」から2週間以内に受診してください。

  • 試験結果

    個人カルテは、システムからダウンロード可能

人財分析 個人カルテ 【パーソナル・アジェンダ®】活用パターン

  •  

    育成

    個人個人のスキルや行動特性を知ることで、効果的な育成計画を作ることができます。また、ハイパフォーマンスを出している人財の傾向を把握することで、他の人財の育成計画の参考にすることも可能です。

  •  

    採用・離職対策

    採用の際に、自己申告による経歴、資格だけではなく、適性・資質を見極め自社に合った人材を見つけることができます。また、行動特性や傾向を把握することで、離職の兆候を発見し、対策を行うことが可能です。

  •  

    配置

    社員の特性を知ることで、個性を活かし、モチベーションを上げる配置やチーム作りが可能です。また、プロジェクトマネージャやメンバーの選定の際に、行動特性を参考にすることで、円滑で生産性の高いチーム編成を行うことができます。

  •  

    キャリアプラン

    行動特性やリーダータイプをもとに、次の幹部候補やマネージャ候補の選抜に活用。 また、評価面談を、スコアレポートをもとに実施することで、 的確な目標設定が可能です。

アセスメントの結果を研修選択に活用する

人財分析 個人カルテ 【パーソナル・アジェンダ®】では、診断結果に応じて、最適なコースを提案。 JTPでは、対応コースのほか、エンジニアが現場で求められるスキルを鍛える一社向け研修など、 各種コースを取り揃えています。

ビジネススキルコースへ

JTP 人財育成ソリューション

可視化

スキルや特性、傾向を具体的な指標で把握し、顕在化

教育

目的、課題に応じた研修を通し、スキル定着を実現

タレントマネジメント

人財育成データを一元管理することで、効果を最大化